ショッピングモールの流通ビッグデータを解析しコンテンツ改善

EDOCODE Wano

2017.4.4

【トップインタビュー】(第2回)ショッピングモールサイト開発を切り口に、ビッグデータ解析、AI、DMPなど先端テクノロジー分野を攻める、EDOCODE株式会社。マネージャーの田村麻美さんに、事業とビジョンなどを語っていただきました!

 

音楽、映像制作、動画広告、ファッションアプリなど、エンタメとITを軸とした事業を次々と創り出している、Wanoグループ。「エンタメとITの事業って、どうやって生み出されてきたんだろう?」「Wanoグループの会社って、どんな人がリーダーシップをとってるの?」「これから先、どんなことやりたいんだろう?」・・・そんなギモンに答えるべく、関連5社の代表に、経歴、事業、やりたいこと等について語ってもらいました!

※今回は全5回のうち2回目の記事です。

【トップ対談コンテンツ】

第1回 日本のアーティストが世界で活躍するためのプラットフォーム|チューンコアジャパン吉野

第2回 ショッピングモールサイトの流通ビッグデータを解析しコンテンツ改善|EDOCODE田村麻美

第3回 最高の映画をメジャーとインディーズの垣根を無くして創り出す|and pictures伊藤

回 動画広告で120社以上の受注実績。業界のアーキテクトであり続ける|アルファアーキテクト岸

第5回 出演女性のInstagram総フォロワー数200万人以上のアプリを企画運営|STYLICTION水谷

・・・それでは次に、双子の育児中、時短勤務。今日も保育園お迎えで早く帰らないとな、EDOCODEの女性マネージャー、田村麻美さんお願いします!

 


EDOCODE株式会社 マネージャー 田村 麻美

大学卒業後、2005年、新卒でインターネット広告大手の株式会社セプテーニに入社。1年目にして社長に直接提案した新規モバイルAF事業をゼロから立ち上げ、メンバー10名のマネージャーを務める。2009年、立ち上げ当初のWano株式会社に1人目の社員として入社。バックオフィス全般から広告コンサル、モール事業の現場PMまで兼務。産休・育休を経て職場復帰し、2016年からはWanoからスピンオフしたEDOCODE社のマネージャーを務める。ショッピングモールサイト開発を切り口に、ビッグデータ解析、AI、DMPなど先端テクノロジー分野へと事業拡大中。

セプテーニ社に新卒入社後、いきなり新サービスを立ち上げる

− ご経歴について教えてください

新潟県の十日町というところ出身で、大学から上京しました。ネットの世界に魅力を感じて、新卒ではネット広告代理店のセプテーニに入社しました。

当時セプテーニのネット広告は、リスティング(検索結果に表示される広告)をやりはじめて、アフィリエイト広告が立ち上がっていた時期でした。そのような中で、私は入社後にすぐ、社長に直接、「モバイルのアフィリエイト作りましょう」と話して、提案が通り、立ち上げをしました。メンバー10人くらいマネジメントもしながら、4年いましたね。ゼロからの(立ち上げの)経験ができたのは、貴重でした。

− セプテーニ社レベルの大きさの会社で、新卒で社長に直接話して、立ち上げって、すごいですね。

− 美人だからでしょうね笑(アンドピクチャーズ伊藤さん)

伊藤さん、そういうのやめてください笑

− そこからどのようにWanoに関わっていったのですか?

新しく立ち上げたサービス、新しい事業でしたので、社内で相談する人がいませんでした。そこで、取引先のアドウェイズというアフィリエイト広告会社の野田さん(現Wano代表)に、相談していたんです。私が知らないこと、つまりセプテーニの人たちも知らないことを、教えてもらっていました。教育してもらっていた、という感じですね。

そして転職を考えていた時に、野田さんが独立したという話を聞き、Wanoに入れてもらいました。

役員しかいない職場環境で、バックオフィス全般、採用まで担当

− Wano入社後からこれまで、どのような仕事をされていましたか?

ネット広告のコンサル部門をやりながら、ショッピングモール(サイト上でショッピングをするとカードなどのポイントがたまるサイト)のシステム企画開発事業にも携わっていきました。

ネット広告の時には、チャッキー岸さん(現アルファアーキテクト代表)とも、いっとき一緒にやってました。

− いっときって、なんでそこだけ短くするんですか笑 3年くらい一緒にやってましたよね笑(アルファアーキテクト岸さん)

そうでした笑 営業もけっこうやっていましたね笑

私が入社した時、Wanoには6人の役員しかいませんでした。なのでバックオフィス全般、採用も担当しつつ、最初はそれまで得意としていた広告コンサルに携わり、その後はショピングモール企画開発ディレクションをやっていました。一昨年出産して、産休、育休をとった後に復帰してWanoに戻り、それからは経営企画として特に組織づくり、人事面を担当していました。

2016年の6月にWanoからスピンオフしたEDOCODE(エドコード)株式会社が設立されて、人手が不足していたこともあり、私も再度事業部の仕事をやりたいとも思って、今はシステム開発のディレクションと経営にも携わっています。

− 結婚式のムービーは、私たちが撮りましたよ。麻美さんの美貌と旦那さんのハイキック(キックボクサーをやっていた)があれば、それだけでもうばっちりでした。(伊藤さん)

企画から一緒に考えてもらって、思い出に残るムービーができました、本当にありがとうございました。

100億円近い流通のビッグデータを解析してコンテンツに活かす

− EDOCODE社の事業について教えてください

システムの企画開発です。今は主にクレジットカードなどの会員がサイト内で買い物をするとカードのポイントがお得にたまるようなショッピングモールサイトの企画開発を行っています。手がけたサイトは約50サイト(PC/SP/アプリ)で、サイト内での流通規模がどんどん拡大していて、今は月に100億円近い流通が発生しています。

最近は、コンテンツ作りに注力しています。それだけたくさんの流通が起きるサイトにおいては、ユーザーのビッグデータが蓄積されていきます。ユーザーの行動データですね。それを解析して、コンテンツに活かしていくんです。

EDOCODE社のHPはコチラ

− 3年後の事業、Wanoとのシナジーについてどうお考えですか

まずは既存事業の部分で、画期的な新サービスを作って、売上をもっと伸ばしていきたいです。データ解析は、まだ始めたところです。今は、私がサイトをみても、例えばタクトさん(チューンコア取締役)が見ても、同じコンテンツが見えます。それが、私がサイトを見ると日用品のコンテンツが見えて、タクトさんが見ると音楽のコンテンツが見える、そのように人に合わせたモール作りをしていきたいですね。

サイトでおむつを買ったユーザーに、ミルクの動画広告を配信する

− 動画広告とも絡んでいけそうですね?

実はEDOCODEの取引先サイトのショッピングモールに、アルファアーキテクト社が提供している動画広告を既に配信しています。そして会員サイトなのでユーザー属性をとれます。そしてユーザーを解析して、例えば女性で、サイト内でおむつを買っていると分かる。それって小さいお子さんがいるだろう、だからミルクとかベビーフードの動画広告を配信したらマッチするんじゃないか、そういうことができそうですね。

− それって映画の宣伝でも使えそうですね。(伊藤さん)

エドコードでは、Wanoグループの技術部門として、各社がITでこういうことやりたい、Webサービスでこういうことしたい、というときに、それを実現できる体制づくりをしていきたいです。そのために組織作りも大切です。今は会社が立ち上がったばかりですが、人材育成にも力を入れていきたい。今いるメンバーが目標に向かって活き活きとするために、評価制度も作り始めています。

− 素晴らしいですね。尊敬できますもん。(伊藤さん)

− ありがとうございました!・・・保育園のお迎え、まだ間に合いますか?

まだ、大丈夫です笑

 

EDOCODE社のHPはコチラ