映画「栞」の公開初日舞台あいさつが10月26日、東京都内で行われました

and pictures Wano

2018.10.30

映画「栞(しおり)」(榊原有佑監督)の公開初日舞台あいさつが10月26日、東京都内で行われました。

公開初日の舞台あいさつには主演の三浦貴大さん、阿部進之介さん、白石聖さん、池端レイナさん、前原滉さん、池田香織さん、榊原監督、主題歌の完成させたピアニストの西川悟平さんが登壇した。

舞台あいさつ

理学療法士の高野雅哉役を演じる三浦は「俳優、監督、スタッフ一同で心を込めて作った作品で映画は見てもらって完成とよく言われるので初日を迎えるられてうれしい。考え深くて、言葉にならない。皆さんが映画を見た後の反応が楽しみでtwitterでエゴサーチします。」とコメント。

また三浦は阿部との共演について「デビュー2年くらいの頃、阿部さんと共演して教えてもらったことがいまだに基盤になっていて、一番尊敬する俳優」というコメントに対して阿部は「こないだと同じコメント」とツッコミをいれた後、「8年ぶりの共演だったが信頼関係もお互いの中にありいいセッションができた」と語った。

高野雅哉の妹役を演じる白石は「重厚な内容で榊原監督が長年にわたり温めてきた作品なので丁寧にあつかった。経験の浅い中で重要な役としての出演だったのでがむしゃらだった。」とコメントし、池端は北京での完成披露の際、中国語のあいさつが好評だったとのことで、再度中国語での感想をもとめられ、流暢な中国語に会場からは大きな拍手がわいた。

高野雅哉の同僚を演じる前原は「実際には三浦さんより7つ年下なのに同僚で大丈夫か?という不安だったが、三浦さんが気さくに話しかけてくれたり、周りの人がやりやすい環境を作ってくれた」と共演者に感謝の意を述べ、難病を患っている子供の母親役を演じた池田は「子供や家族など大切な人が入院している人たちに、違うと思われないよう、自分の人生に置き換えて自分も役を体感するように演じました」とコメント。共演した子役については「ほんとにいい子で、かわいかった。三浦になついていた」と嬉しそうにはなした。

またスペシャルゲストとして本作の主題歌「Winter」を完成させたNY在住の日本人ピアニスト西川悟平が登場。主題歌の「Winter」は日本にあこがれを持ちながら18歳でこの世を去ったLiam Pickerが残した譜面をもとに西川が完成させ、その経緯を知った榊原監督が映画の主題歌に採用。Liam Pickerのご両親と映画のエンドロールに子供の名前を見た際、ご両親が涙をながしながら震える手で西川の手を握り「息子の夢が今この瞬間にかなった」と報告した。

元理学療法士の榊原監督は「スポーツをやっていたころにケガをして理学療法士の先生にお世話になった」ことが理学療法士を目指した経緯とかたり、「理学療法について勉強や経験を積んでいく中で、もっと世の中人に知ってもらう手段を考え、これからは映像が表現として発信の世界になる」と映画の世界に足を踏み入れた経緯をはなした。

また今回の作品については「自分の経験をもとに脚本を書いているので映画的に面白い等は排除している。映画を見終わった後に、実際に日本のどこかで起きているかもしれない話と考えてもらえれば、この映画を作るいみがあると思う」と締めくくった。

ストーリー

病院という身近な人の死を経験する場所で
理学療法士として、雅哉の選択していく生き方とは…

真面目な性格で、献身的に患者のサポートに取り組む理学療法士の高野雅哉。
幼い頃に母親を亡くし、現在は父親の稔、妹の遥と離れて暮らしている。
そんなある日、雅哉が働く病院にしばらく会っていなかった父・稔が入院してくる。
日に日に弱っていく稔の姿、担当患者の病状が悪化するなど
理学療法士として何が出来るのか自問自答の毎日で無力感に苛まれる。
しかし、そんな時ラグビーの試合中にケガをした新たな入院患者を担当することになった雅哉。
その入院患者の懸命に生きようとする姿に感化され、徐々に仕事への熱意を取り戻していく雅哉だったが…。

映画情報

出演:三浦貴大、阿部進之介、白石聖、池端レイナ、前原滉、池田香織、福本清三、鶴見辰吾ほか

監督:榊原有佑

脚本:眞武泰徳
主題歌:「Winter」西川悟平
制作プロダクション:and pictures

制作協力:プラスディー

配給:NexTone

配給協力:ティ・ジョイ
特別協賛:公益社団法人 日本理学療法士協会

協賛:beachwalkers

宣伝協力:POST

©映画「栞」製作委員会

公式サイト: https://shiori-movie.com/

会社概要

会社概要
社名   :株式会社and pictures
本社   :東京都渋谷区恵比寿南1-24-2EBISU FORT 1F
代表者  :代表取締役 伊藤主税
設立   :2013年5月13日
事業内容 :映画の企画・製作 / DVDの企画・制作 /インターネットのコンテンツ企画・制作 /. 企業プロモーション映像コマーシャルの制作 /各種イベントの企画・運営 /. 俳優・タレントの育成のためのワークショップの運営
HP   :http://andpictures.jp

社名   :Wano株式会社
本社   :東京都渋谷区恵比寿南1-24-2EBISU FORTB 1F
代表者  :代表取締役 野田威一郎
設立   :2008年4月4日
事業内容 :音楽・映像サービスの新規企画開発
HP   :https://www.wano.co.jp